DDEExecute 命令の問題点

ExcelのVBAで使用するDDEExecute 命令は

  • 第一引数はDDEInitiate メソッドで開いたチャネルの番号を使います。
  • 第二引数はDDEコマンドです。

 

問題点はDDEExecute 命令で第二引数のコマンドが成功したかどうかの判断が出来ないことです。

Excel VBAでのDDEExecute 命令には戻り値がありません。VBにはありますが。

 

また、オープンするPDFファイルのパスを指定する時は空白文字がパスに入ってもいい様にダブル引用符をファイルのパスに付加します。

そうしないとパスに空白文字が入っていた時にDDEが失敗します。

 

TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA